fc2ブログ

Entries

3月17日(金)ラテンナイト

2012,3,17千駄木ジャンゴ
「千駄木ジャンゴ」にて、無事終了しました。
ラテンナイトと言いつつも、ボサノバやジャズのナンバーも入れて
盛りだくさんお贈りしました。
沢山のお客さまもお越しくださいました。
ありがとうございました
1set
MANBO IN
ESTATE
MINHA SAUDADE
BUNKO
STRANGER IN PARADISE
TANGA
2set
COMIN,HOME BABY
SKATING IN CENTRAL PARK
SNOW
CONTIGO EN LA DISTANCIA
MORNING
BLACK ORPHEUS
次回のラテンナイトは4月13日(金)に決定しました。
よろしくお願いいたします


今日は上大岡くんくんしいらや
明日は私のお師匠(ギターリスト岩見淳三さん)ご夫妻のレコーディングのお手伝い(3曲ほど)
土曜日は、大好きなピアノの巨匠 寺下誠さんとデュオです。
頑張ります

Appendix

プロフィール

森田万里子

Author:森田万里子
森田万里子(フルート、篠笛)
13歳から中学の吹奏楽部にてフルートを始める。
20歳のときにフランクウェス、中川昌三氏のレコードを聴きジャズフルートに目覚める。
飯田ジャズスクールのアンサンブルコースにて、大森明氏に師事する。
同時期に同校のフルート課の初代講師となる。 24歳で結婚、三児の母となる。
約10年間のブランクを経て、39歳でまた音楽活動を再開する。
現在、都内、神奈川方面にてライブ活動中。
2014年7月1日ファーストリーダーアルバム「COLORS OF LIFE(この世にある全ての色彩)」
をリリース。ジャズ、クラシック両方面から高い評価を受ける。
2017年1月から、民謡を佐藤錦水氏に師事。
同年6月19日セカンドアルバム「SONG FOR CHIYO(ちよの唄)」をリリース。
1ホーンカルテットのビパップの形態で、篠笛も使い、お囃子や民謡、日本の曲を
アレンジした作品で、大変好評を得る。
jazzジャパン、ジャズライフ、ザ・フルート各紙に掲載される。
9月は北海道~東北、11月は九州、2月は関西ツアーを展開。
2018年5月18日、大田区民アプリコ小ホールでの「ジャズと津軽民謡の融合」コンサートを開催。ジャズと津軽民謡のコラボで、大好評を得る。
2022年3月3rdアルバム「JAMING(ジャズと民謡の融合)」発表。
絶賛発売中。
朗読家とのコラボなど、ジャズフルートにとどまらず、篠笛でお囃子や民謡を演奏するなど、幅広く演奏活動をしている。

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR