Entries

お囃子について

私は、萩中神社神輿会がお囃子を立ち上げてから17年

在籍しておりますが、なかなか人が入ってこず、難儀しています。

一時期は子供達も沢山いて賑やかだったのですが・・・

今は、当初からいるメンバーと、祭礼の時、羽田のお囃子連の方に

手伝ってもらいながら、何とか切り抜けているところです。

大晦日に、羽田囃子保存会の会長に相談しに行ったのですが、

羽田の方も、お囃子をやる人がだんだんと人が少なくなってきて

同じ状態で、困っているそうです。

お囃子は、とても難しくて、太鼓だけ覚えるのにも最低5年はかかります。

それから大太鼓、笛、鉦、と覚えなくてはならず、しかもかなり一生懸命

練習しないと、とても覚えられるものではありません。

昔は娯楽も少なかったせいか、毎日のようにしかも楽しみながら

練習していたようです。

今、このお囃子がなくなってしまうんではないかと思っているのは、

私だけではないと思います。

少しでも、継承するためにお力になりたいと思い、今回リリースした

私のファーストアルバムに「宮昇殿(江戸時代から伝わる祭囃子)」を

入れたのも、物凄い危機感を持ってのことです。

7月1日リリースですが、その中の何曲か iチューンでも配信します。

もちろん「宮昇殿」もその中に入ってます。

〆太鼓と笛は私、大太鼓は師匠の菱沼さんに叩いてもらいました。

私ごとではありますが、フルーティスト・森田万里子として

地域の伝統芸能を伝えていかなくては思っています。

どうか、応援の程、よろしくお願いします。

森田万里子
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

森田万里子

Author:森田万里子
森田万里子(フルート、篠笛)
プロフィール
13歳から中学の吹奏楽部にてフルートを始める。 20歳のときにフランクウェス、中川昌三氏のレコードを聴きジャズフルートに目覚める。飯田ジャズスクールのアンサンブルコースにて、大森明氏に師事する。同時期に同校のフルート課の初代講師となる。 24歳で結婚、三児の母となる。約10年間のブランクを経て、39歳でまた音楽活動を再開する。現在、都内、神奈川方面にてライブ活動中。
2014年7月1日ファーストリーダーアルバム「COLORS OF LIFE(この世にある全ての色彩)」をリリース。
ジャズ、クラシック両方面から高い評価を受ける。
2017年6月19日セカンドアルバム「SONG FOR CHIYO(ちよの唄)」をリリース。
1ホーンカルテットのビパップの形態で、篠笛も使い、お囃子や民謡、日本の曲を
アレンジした作品で、大変好評を得る。jazzジャパン、ジャズライフ、ザ・フルート
各紙に掲載される。9月は北海道~東北、11月は九州、2月は関西ツアーを展開。
ジャズフルートにとどまらず、篠笛でお囃子や民謡を演奏するなど、幅広く演奏活動を
している。中牟礼貞則、(故)金井英人、山本剛、小山彰太、大森明、宮之上貴昭、寺下誠、山崎弘一、岩見淳三、小泉清人、遠藤光夫、加藤崇之、杉山茂生etc...
一流ミュージシャンとの共演多数。
メロディアスで力強いフレーズと、音質に非常に優れていることに定評がある。ジャズからボサノバ、ポップスまで幅広い演奏活動を行っている。
また篠笛奏者として、羽田囃子の保存、後進育成にも努めている。
代々木トラッドファンミュージックオブアカデミー講師。

生徒さん募集しています。
初心者の方も大歓迎。
基礎から教えます。
ジャズやボサノバを
楽しく吹きたい方、
是非ご連絡ください。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR