Entries

先週のライブ二本

8月24日(水)はピアノの佐藤よしえさんに呼んでいただいて、
八王子の「バンドボックス」でライブでした。
グランドピアンがあり、広さも音響もほどよく心地よいお店でした。
もうちょっと家から近いといいのになあ。片道2時間弱かかるので・・・
クラシックを題材にアレンジしたオリジナルと、ジャズのスタンダードを
半々くらいの割合で演奏しました。
思いがけず、近所に住む旧友が遊びに来てくれて
昔話に花が咲き、楽しいひと時でした。

8月26日(金)は武蔵中原「ライフ」にて
御師匠さんの岩見淳三さんと。
岩見さんとは今年の3月に続いて2回目のデュオ。
デュークエリントンのナンバー「Just A-Sittin, And-Rockin,」
が楽しかったです。
岩見さんとご一緒すると、いつもなんだか懐かしい
故郷に帰ってきたような気がします。
ギターの素晴らしいのはさることながら
人柄も本当に温かいお方です。
8月26日武蔵中原ライフ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moritamariko729.blog134.fc2.com/tb.php/105-1ce39acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

森田万里子

Author:森田万里子
森田万里子(フルート、篠笛)
プロフィール
13歳から中学の吹奏楽部にてフルートを始める。 20歳のときにフランクウェス、中川昌三氏のレコードを聴きジャズフルートに目覚める。飯田ジャズスクールのアンサンブルコースにて、大森明氏に師事する。同時期に同校のフルート課の初代講師となる。 24歳で結婚、三児の母となる。約10年間のブランクを経て、39歳でまた音楽活動を再開する。現在、都内、神奈川方面にてライブ活動中。
2014年7月1日ファーストリーダーアルバム「COLORS OF LIFE(この世にある全ての色彩)」をリリース。
ジャズ、クラシック両方面から高い評価を受ける。
2017年6月19日セカンドアルバム「SONG FOR CHIYO(ちよの唄)」をリリース。
1ホーンカルテットのビパップの形態で、篠笛も使い、お囃子や民謡、日本の曲を
アレンジした作品で、大変好評を得る。jazzジャパン、ジャズライフ、ザ・フルート
各紙に掲載される。9月は北海道~東北、11月は九州、2月は関西ツアーを展開。
ジャズフルートにとどまらず、篠笛でお囃子や民謡を演奏するなど、幅広く演奏活動を
している。中牟礼貞則、(故)金井英人、山本剛、小山彰太、大森明、宮之上貴昭、寺下誠、山崎弘一、岩見淳三、小泉清人、遠藤光夫、加藤崇之、杉山茂生etc...
一流ミュージシャンとの共演多数。
メロディアスで力強いフレーズと、音質に非常に優れていることに定評がある。ジャズからボサノバ、ポップスまで幅広い演奏活動を行っている。
また篠笛奏者として、羽田囃子の保存、後進育成にも努めている。
代々木トラッドファンミュージックオブアカデミー講師。

生徒さん募集しています。
初心者の方も大歓迎。
基礎から教えます。
ジャズやボサノバを
楽しく吹きたい方、
是非ご連絡ください。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR